FX基礎からの投資Top >  投資信託の格付け

ブログFX-基礎からの投資--投資信託の格付け

投資信託の判断基準のひとつとして、
民間会社が第三者の視点でおこなっている格付けというのも、
かなりお役立ちです。

これまでの運用方針や成績をもとに、
投資信託評価会社がそれぞれの基準で評価を出しています。

この格付け方法には大きく分けて2つの評価方法があります。

まずひとつは、「定量分析」
これは、一言でいえば数値で出た結果のみをもとに評価を下す方法。

そしてもうひとつは、「定性分析」。
これは、数値だけではなく、
運用のプロセスやファンドマネージャーの質など、
数値では拾えない要素についても加味して評価を下します。

それぞれ評価の方法が違いますが、
こういった第三者の評価を重視するのも
一つの方法だと思います。

投資信託の利回り
関連エントリー
・利回り目標は?
・リスクの取り方で選ぶ商品
・リターンの高さの限界
・RR分類について
・初めてならPR3?
・投資信託の格付け
・新しい投信には評価がない?
・新規設定投資信託
・派生商品型投資信託
・テーマ型投資信託
・最初に選ぶべき投信は?